スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

Way Out West 2018年11月号ジャズヴォーカル特集修正版

先月の関西Jazzフリーペーパー Way Out West の巻頭特集として、日本のジャズヴォーカルについて寄稿しました。ありがたいことに全国各地の多くのシンガーやミュージシャンやジャズリスナーから読みたい、どこで手に入りますかとお問い合わせいただきました。せっかくなので全文を載せます。


わたしはジャズヴォーカリストとしてオーディションを経てステージに立ってから来年で15年経ちます。広島に帰ってきてから来年で9年。中心ではないところに身を置いて、少し俯瞰した立ち位置から独自に眺めていて、業界の歪みの仕組みが見えてきて、このままでは若い人が続かないし、若い人に薦めることができないと思うようになりました。
戦前からの歴史のある日本のジャズはアジアの中では来日ミュージシャンたちも驚くジャズ文化の豊かな国。先人たちが残してくれた素晴らしい遺産を遺産とせず生きた形で継承できないかと考えていますが、悲しいかな、地方のほうからその灯火は消えていっています。


現場がなくなっていっているのなら、教育で残せないものか、アメリカでは実際に教育として体系化されているし、それを取り入れていこうと行動している人たちがいます。
しかし、「現場」と「歴史」が今度は逆に弊害となっている。そこを整理して考えていかなければ、未来はないと思います。


この文章の中でいくつかご指摘をいただきましたが、わたしはどなたも否定していません。ただ、流れとしてそうであると事実を誰かが指摘しないと真実が見えてこないのではないかと思って書き記した次第です。


いちジャズシンガーとして、日本人として、どういう表現ができるかということを今後も追求してまいりたいと思っております。この文章は、わたしの決意です。


川本睦子









---------------------------------------------------------------------------

2018年12月6日(木)NHKラジオ第1「ひろしまコイらじ」出演



今回のテーマ曲は「Jingle Bells」
くらああああいLについてのお話です!
無料の公式アプリ「らじる★らじる」で全国からもお聴きいただけます!
番組websiteからメッセージお待ちしてます♪

http://www4.nhk.or.jp/P3905/

----------------------…

最新の投稿

2018年12月 Live Gigs & Events

いなくなってから初めて気づくこと

歌詞の覚え方ってみんなどうしてるのかな

歯医者が失礼な話

二日坊主

まつりとかりん

ふつうの日記

【ラジオ】NHK第1「ひろしま コイらじ」出演

2018年9月からの Gigs & Events

「原爆のうた」おわりました。